鮫が空を泳ぐ時

飛行機にはできなくても、貴方はきっとできる。

やっぱり行先は予想の斜め上~薮くん、「ウチの夫」お疲れ様でした 番宣まとめ

「あの関ジャニ∞の」錦戸亮の主演ドラマだ。(中略)「あの関ジャニ∞の」錦戸亮だ。喋らせたら面白くない訳が無い。恐らく番宣番組出演の優先順位は主演ということを抜きにしても錦戸亮くんが上だろう。

でもそんな薮くんは私が見る限り、そんなことに屈するような人では無い。


青天の霹靂を受けた衝撃のままにブログを書いた初夏から早4ヵ月、寂しくも答え合わせの時が来た。


ついに「ウチの夫は仕事ができない」が明日で最終回を迎える。印象はドラマだけに留まらない。思ったよりも薮くんはドラマの番宣として番組に出ることが多かった。謙虚に予想したつもりが返ってざまあみろと言われてる気になるほど斜め上を行かれた………………


斜め上を行ったのは出演回数だけではない。その内容にも衝撃を受けた。


メレンゲの気持ち」、「ヒルナンデス」は同じメンバーが出演しているから出てくれるだろうと軽い気持ちでいたら放送開始2週間前に「メレンゲ」出演のお知らせ。瞬く間にやぶいのフィーバーが巻き起こった。


初々しくて余所行き感満載な薮くん(※27歳)



凡庸性の高い名言誕生の瞬間



可愛いさもしっかりちゃっかり出てました


もう番宣終わり?と隙を見せたのも束の間、3話放送終了後の「ヒルナンデス」で"中推し"の形で出演。UNIONが巻き起こった。


番宣は初々しい感じを出せると確信させた薮くん(※27歳)



光くんとモノマネをするよう指示され思わず驚く薮くん。このあと光くんのモノマネをまんまパクるなど3枚目な部分も見せてくれました



小柳ゆきを口ずさむ…というよりは熱唱する薮くん





一番驚きだったのが「ヒルナンデス」と同じ日に放送された「PON!」にも出演していたことだ。JUMPのメンバーは誰一人としていないが、現在当番組にはジャニヲタとして名を轟かす青木源太アナウンサーが出演している。ツテやコネと言うとまた違うが、青木アナがいることでかなりこの番組はジャニタレを推すようになったと伺える。


「ドラマの撮影現場にもお邪魔します!」と張り切る青木アナを「シカトします」と一蹴していたのにまさか帝王直々にスタジオに赴くとは。どうなってるんだ日テレ…いくら振り込んだんだ源太…


そしてその2日後、ヒルナンデスにVTR出演。同番組のレギュラーである関ジャニ∞の横山くんが作ったお弁当がついにドラマ、しかも薮くんが関わるシーンに登場するという紹介のもとでの出演となった。




お弁当を持つ"おてて"がso cute(※27歳)


ドラマの宣伝もしっかりしつつ、セルフアピールも忘れないウチの薮くんは仕事ができる。そんな薮くんを他担のみならず、関係者各位にも伝えられる絶好の機会を薮くんは巧みに駆使したのである。


そんな薮くんが演じる田所くんの見せ場も主人公・つかポンに負けず劣らずあるらしい最終回。毎回見てた皆勤賞な方とも、途中で諦めちゃって「コードブルー 」の名取先生にゾッコンな方とも、私と同じく5話で自担にラブシーンがあると知って思わず飲み会に繰り出しわざとリアタイしなかった方とも(いない)、業師・薮宏太完走の瞬間を見届けたい。

真夏の薮くん罪・罪・罪なのさ!~夏の薮くんの話

盛夏の候、自担様、各担当様、益々ご清栄のことお慶び申し上げます。私はこの挨拶が出来る季節を毎年楽しみにしております。暑くて堪らないとはいえ8月下旬もこの挨拶が出来るなんて嬉しいです。

なぜなら…



夏の薮くんが一年で一番好きだから(真顔)


当方爆イケ寄りのチャラい系男児に目がないのでこういう人に「遊ばない?」とウィンクされるとホイホイついていってしまうんですね(無論そんなこと1度もされたことは無い)



「わかるー!」と共感してくださった恐らく同担様!「え、薮くんってあの最年長の?え?しっかり者キャラの?」となった恐らく他担、他G担様!そうでない方も!


本当に冗談抜きで夏の薮くんがえっちくて爆イケでちゃんれ~!!なので紹介させてください!お付き合いください…!私からの暑中御見舞です…(?)


  • そもそも夏の薮くんがチャラい、とは?


はっきり言って(当社比)です…ってああ!石投げないでください!!


証拠に2016年(撮影は2015年と思われる)の冬



かんわいい~!!ぬくぬくニット~マグカップ~おくち~!!(もんぺ)(絶対じ〇いなんて言わない)


ところがその半年後…




横のオトモダチに何飲まされたらその髪色になるの?ってぐらいチャラくないですか…?(言い方)


衣装のアロハシャツもサングラスもチャラく着こなす上に鎖骨だの舌だの出しちゃって…私が親だったら「ウチの子チャラいんですよ~!」って泣きながら喜んでいたと思います(え)


そのチャラさはビジュだけに留まりません。


  • 音楽番組のチャラい薮くん


こちらはジャニーズWESTHey! Say! JUMPが週替わりでレギュラーを務める「リトルトーキョーライフ」でクリスマスSPとして東京ディズニーシーから生放送で歌を披露していたときの薮くんです。


可愛いというかあざといというかなんというか、好きというか…(ほぼ主観)。


では夏の音楽番組の薮くんを見てみましょう



何この豹変ぶり!本当に同じ人!?爆イケ~~~~!チャラい~~~~!(大の字)


このように薮くんは音楽番組でのパフォーマンスもかなりチャラチャラ~な感じになります(褒めてる)。仕草やカメラ目線の雰囲気、少し小指を立てた独特なマイクの持ち方(チャラい)しか画像では伝わりませんがターンが全然違います。冬は足の蹴り方が基礎に近くバレエやコンテンポラリーを彷彿させる優雅なターンなのですが、夏は肩から入るわ地面を蹴る勢いは強いわって感じのターンで一言で言うと、チャラいです(語彙力)


  • もちろんライブが一番チャラい

更にライブでも季節によってちょっと違った雰囲気が見られるとかないとか。



こちらは2016年10月8日、9日の横アリ公演が収録されたライブDVD「DEAR.」より。上から可愛い薮くん、神々しい薮くん、カッコつけてるのになんか可愛い薮くんです(褒めてる)。


この薮くんも本当に見事に建国完了してるんですが、夏の薮くんはまた凄いんです。


以下、2013年7月の薮くんです



まず指輪の数…そしてまたもや鎖骨!そこにキラリと光るホイッスルのネックレスがDEAR.とはまた違った輝きを放つ…何よりこの表情!自身が作詞を手掛けた「スクランブル」の披露中だからかかなり自信に満ち溢れた表情をしています。薮くんのこの表情すごいチャラい…でもカッコいい(結局)。


パフォーマンス中だけではなく今年のツアーではファンサービスでもどこかチャラさを感じました。

アリトロで薮さんが自席(Cブロック)付近に。目線を合わせるようにしゃがむ独特の乗り方は10周年でも健在!来るなり「よっ」とまるで友達に会ったかのように地声で周りに手を降るので薮くんが去ったあと「物理的距離よりも心理的距離感を近くに感じる」不思議さにその付近のヲタク一同呆然。

その背中、その指先 ~Hey! Say! JUMP 全国ツアー2017 I/O 静岡2日目2部 レポ - 鮫が空を泳ぐ時
(http://remcuzkota.hatenablog.com/entry/2017/08/21/231119)


当ブログの前記事から引用してきた、ある曲中の薮くんのレポです。「よっ」の気軽さが真っ先に出る夏の薮くんの性格がチャラい。年始の薮くんはあんなにペコペコしてたのに…!



  • 総じて、チャラい。


とまあこんな具合に私は夏の薮くんが大好きなんです。夏の暑さが薮くんをかっこよくチャラくするのか、はたまた違う何かがそうさせるのかは全く持って分かりませんが私は夏の薮くんが大好きなんです。(2回目)



こんなにカッコいい薮くんが見られるなら年中夏で大丈夫です!バッチコーイ!夏最高ー!薮くんサイコー!



皆様も季節によって変わっているかもしれない自担さん、他担さんを見つけたらこっそり私に教えてください。私の周りには花粉症に該当しているジャニタレさんの冬、あるいは夏のカッコよさが好きというマニアックな友達がチラホラいます(笑)。



ちなみにここまで散々話していますが、薮くんの好きな季節は「春」だそうです(すってーん)



そんな薮くんも大好きな、もんぺの夏の独り言で締めたいと思います。



真夏の薮くん!8月の全てを私にください!!(無理)

その背中、その指先 ~Hey! Say! JUMP 全国ツアー2017 I/O 静岡2日目2部 レポ


Hey! Say! JUMPの記念すべき10周年のツアーが始まって早10日が過ぎようとする8月20日、3箇所目の静岡公演行ってきました!



曇り予報とは打って変わって快晴のため本当に暑い…そんな暑さを更に熱気づけるライブでした!そんなライブの魅力を無い語彙力で、薮担目線でお送り致します。※本当に薮くんばっかり


ここから先はセトリ、演出等ネタバレを含むのでまだ参戦していない方、ネタバレが苦手な方は急いで戻るボタンを押してください。


  • オープニング


開演前から砂時計が設置されるという何とも緊迫感溢れる演出。全ての砂が落ちたと同時に暗転、オープニング映像が始まります。ひっくり返されるいくつもの砂時計、今までのライブの映像が流れたあと、メンバー1人1人が過去の映像と共に映し出されます。ほとんどのメンバーがカッコつけるなか、やぶひかはちょっとショタ期を彷彿させるような満面の笑み…引っ張ってきたキャラのやぶひかが初っ端から垢抜けた表情をしてくれたと思うと思わずいきなりうるうる。


そしてジャンプアップで白い衣装を纏った9人が登場!過去の映像のあどけなさは一切無い…10代から20代の貴重な10年を捧げて積み上げたものが表情に出ててまたうるうる。


1.UMP


スクリーンに薮くんが映った途端滅多にこの手で泣かない私でもくるものが溢れ出るかと思いきやまさかの裕翔くんが金髪ですべて吹き飛んだ。どうしてくれるんだ!でもそのマットな金髪似合ってるから許す!と再びうるうるとくることは無くなるも光の速さで目の前の事態を飲み込む。去年の圭人くんや光くんが個人の趣味として髪型を変えた時みたいにMCでは触れなかったから裕翔くんの金髪はもしかして…?



2.ドリカム


お馴染みの薮くんの「みんなの声を聞かしてくれぃ!」。今回はイヤホンをほんのちょっとだけ耳から離し、マイクは光くんと一緒にガッツリお客さんに向けてました。最後のフェイク、私の席からは背中向けられてしまったけれどその細い背中から男らしさや頼もしさが醸し出されてて、歌声と背中で貫禄を語られた気分に。10周年スゲェ…。


3.シャドボ


伊野尾さん、振り間違えたのかな?薮くんがガッツリアイコンタクトしてくるのに対してかなり満面の笑みを返す伊野尾さん。薮くんはふにゃ顔寄りではあるけれどほくそ笑み返してました


4.瞳のスクリーン

5.ビバナイ


6.太陽にラブモーション


アリトロで薮さんが自席(Cブロック)付近に。目線を合わせるようにしゃがむ独特の乗り方は10周年でも健在!来るなり「よっ」とまるで友達に会ったかのように地声で周りに手を降るので薮くんが去ったあと「物理的距離よりも心理的距離感を近くに感じる」不思議さにその付近のヲタク一同呆然。


7.Sweet Liar(7コーナー)


8.BESTコーナー~スタートデイズ

今年のBESTコーナーのコンセプトを決める会議中に有岡さん、八乙女さんがまた喧嘩するという設定のコントが始まる。八乙女さんが言い間違いをしながらも(笑)「俺たちが出会ったときのことを忘れたのか!」と有岡さんに問いただし、モテモテ小学校時代のことを思い出す…というストーリー。

「いや、もうやり尽くしたでしょ?」「去年かっこよかったでしょ?」「就職の次って何?」と個人的には今年もコントと雑誌で匂わされたとき、スタートデイズを聞いたときに思ったけど…やられた。まさかランドセルを背負う時代に引き戻すとは…!流石BEST様~!(cv.ムジャキ)


光「モテるために必要な要素を(転校生役の有岡さんに)教えてやれ!まずは薮宏太!」
薮「ドロケイとドッヂボールに命をかける」
光「そう、メガネをかける!!」
いや、会話成り立ってないよ~!置いてかないで~!やぶひかの世界~!
ちなみにここの薮くんのセリフだけ何故か毎回アドリブみたいで変わるらしいです(笑)。これからまだ参戦予定のある方是非お聞き逃しなく。


9.裕翔くんドラムセッション~とりんとりんセッション~Your Seed~スパデリ~FT~JUMPバンド~冒険ライダー(7メンバーのみ)~ありせか(BEST登場、Key.抜き)~TTT(Key.抜き)


光くんのベースは太郎シリーズで2番目に新しいと思われる銀太郎!あのお高いと噂されるベースじゃなかったです。水太郎より重そうなのに弦ははじきやすそうだった!芯のある音だったのでしっかり聞こえたし、何よりあんなに楽器揃えてるのにすぐ他のメンバーの音と馴染める光くんに脱帽…


10.スタタイ(Key&Vo.)


伊野尾さん中盤間違えちゃった(泣)。でも真横に佇むやぶちねは落ち着き払った様子で見守ってたからかあわあわしないですぐ次の音にいけた伊野尾さん。最後にみんな集まって8人に囲まれながら弾くのも重圧ではなく心強さに変えてアウトロは本当に綺麗でした(号泣)。


疑惑の知念さんが声変わりする前のフェイクは山田さんが担当。やぶひかパートが控えてるから自担ではないだろうなとは思ったけどこれまたびっくり。聞いたこと無い声で歌ってけど開拓したのかな?素敵でした!

11.From.



12.キミアト


知念さんが一発目に「ジャスティス!」やり出すからみんなジャスティス(泣)。ちなみに薮くんは「君がジャス"ティス"!」となぜか"ティス"だけ高めの声(笑)。

山田さんが「空前絶後のー!やぁーまぁーだぁー!」と言うのを絶妙なポジションで見てから踊り出す薮さん。ズルいぞ…


13.School Girl

外周で自分のポジションから目の前にいる光担をロックオンする薮くんがアイドルすぎた!光担さんも即座に「光」一文字のうちわを裏返しててお2人お似合いでした。素敵な光景だった~!


14.我I

  • MC






有「シーフード味のカップラーメンを食べてるとまた孤食ロボットたちに怒られるよ!」
光「〇✕フードカンパニー行って言いつけてくる」
とA.Y.Tが捌ける口実に使われる薮くん。10年前こんなにいじられる人になるなんて誰が想像したのだろう…


(一方先輩をいじらずニコニコ捌ける、後輩感満載な髙木さんなのであった)

15.Are You There?(A.Y.T)


16.トビラの向こう


自己紹介どうすんの…?と思ったらふざけ倒された。

知「ゆうてぃー!」
裕「Yeah, I'm Captain America!(?)」
圭「Kei~!」
伊「Yes! I'm Spider-Man!(??)」
山「薮ちゃん!」
薮「Yaas! I'm ironman!!(???)」


どこにそんな細いアイアンマンがいるかよ…嫌味かよ…


17.Born in the earth


smartのメンカラスタジャンからかっこいい金色の燕尾服衣装に早変わり。セットの照明が一気に明るくなってメンステはまるで宝塚の大階段のように!センター(!)でそこを下り、堂々とAメロのサビを歌う薮くんは後世に語り継ぎたいトップスターでした…年始のドームで2回階段でつまづく自担を見ていた私は胸の前で高速拍手。


宝塚も彷彿させられたしJWやSUMMARYも懐古したくなったけどスクリーンに同じ階段が映し出された瞬間滝沢歌舞伎10th anniversaryの冒頭のシーンを思い出した!薮くんが出たときの演出だ~!と胸が熱くなりました。ここから先は薮くんが演出に大きく関わっているであろう箇所がたくさん見受けられます。


18.心·技·体


布を振り回す演出、水太鼓、過去にJWでやった演出が再現されます。薮くん既にバチをすっ飛ばしてしまうアクシデントがあったと小耳に挟んでいたのでハラハラしながら見たけどもこの時は何事もありませんでした。パフォーマンスを通常運転でこなすのって大変なのに薮くんときたら…(頭抱)


19.ギミラ


20.僕はVampire


視覚による錯覚を駆使した映像の後でスタトロ、外周とメンステの角とメンステにメンバーが続々と現れる演出。黒い布を纏ったその様はいつぞやのKAT-TUN兄さんを彷彿させる…。薮くんずっとバックについてたし10ksも見に行ったもんね…真似したいぐらいかっこいいもんね…


21.OTT


センステで踊るのでかなり近い。息を整える様子とかがリアルに伺える。私の席は下手側だったので最後の決めポーズは自担が目の前にいる状態。歯茎を剥き出した顔で指先一点を見つめるその姿はまさに私が大好きで、みんなに見せたい薮くんだった。



22.I/O


山田さんが振り付けをしたというアルバム新録曲。思ったよりもしっとりめで「山田さんと言われれば納得」という感じ。バラード好きだもんね。祈るように踊る八乙女さん、初めて見るのにきっと忠実に踊ってると思わせるけとちね、私と同意見で激しくいきたかったのかキレッキレで踊るやぶゆとが印象的。



23.真剣SUNSHINE

知念さんがスタトロで自席付近に。向こう側を向いていたのでジャケットの裏にピンク色で何が書いてあるか把握。まさかの「ULTRA MUSIC POWER」、「INFINITE」!胸元には「DASH!」とも書いてあったので歴代の曲をあちこちに書いてると思われます。知念さんに限らずこのときの9人が着てたラフめなメンカラジャケット、今までの衣装で一番好きかもしれない。


24.明日へのYELL



25.AinoArika


26.Your Seed


27.Magic Power


28.RWM


29.UMP


あいありからは10周年メドレー。今度は黒地の燕尾服。振り付けも一新されてしかも踊るところは階段の上。さすがの裕翔くんも転倒…落っこちなくてよかった(汗)。真横にいた薮くんはちらっと横目で見てすぐさま踊りました。それもプロだよね。SMGO。


30.H.our time


ありとあらゆるモニターを使って9人全員が映るようになっている今回の画期的な演出のお陰で9人がバラードをしっとり歌い上げているのにかなり迫力のあるものに。鳥肌がたちました。

  • 挨拶


挨拶全文は既に出回っているのと後で少し触れるので割愛させてください(今回入れない人たちは特に読んで!)。僕、で自分を指差したりみんな、で手を広げたり、数字は指を立てて表したり、口を大きく開けて優しい口調でゆっくり話す薮くん。過去こんなに丁寧な挨拶あったかな…?というぐらい丁寧な挨拶でした。とっても聞き取りやすかった…


AC1.Precious Girl


スタトロにきぃやぶひかやまちね。私が入る時薮くんいつもスタトロだなあ(震)メンカラの大きな片手袋は一体なんだったんだろう?薮くんは自慢の視力と眼力で片っ端から自分のジャンボうちわ持ってる人を軒並みメロメロにさせてました。上から3列目ぐらいの人にも手振ってたなあ…恐ろしい(褒めてる)


AC2.Hey!Say!


ここで旧7曲を9人で披露。薮担とはいえこの曲は青春ソングの一つなのでテンションの上昇が留まることを知らない!むしろ薮くんが歌ってくれたという嬉しさでいっぱい。



AC3.カモナ


え!?これがラスト!?ライブの定番曲とはいえ意外すぎる展開。去年から定番化しつつある中盤伊野尾さんの「知念の自宅に行きたいか~!?」という煽り、今回は「さすがにこの大人数、無理ですよn「Come on a my house(ドヤッ」と被せ気味にきた!薮くんも思わず「すげぇ…」と呟いてました。




以上、全セトリに合ったレポです。


まとめ


「これが聴きたかったんだー!」みたいな高揚感はBITEとHey!Say!でしか感じ取れなかったけれどアルバム初回2の曲は愛ingとChiku Taku、ロミジュリ以外はやったのかな?後者2つは去年やったし前者は最近まで定番だった感もあるから妥当とも思える。去年のようなアルバム曲ほとんど入ってない、みたいな感じもしなかった。SUMMARYやJWでやったこと、薮くんが見学に行ったり参加した公演の良いところが演出に凝縮されてたから演出は大満足。薮担じゃなかったりDDじゃなかったり「あの時のあの演出ちょっと真似したって聞いたんですが…」な他G担さんだったり今回がJUMPの現場入るの初めてだったりって人も「凄い」と1回は呟きそうなライブだった。


ただ、かなり正直に言うといくら演出だとかセトリの順番に意味を見出そうとするような私でも流石に1回目なので自担を追うのが精一杯でした(土下座)。


薮くんばっかり見てて途中でみんなと違う方見てるなって気付いてふと後ろ向いたらアリトロで有岡さんが来てて腰抜かすぐらい精一杯でした(土下寝)。


「10周年は通過点」ってあれだけ言ってた薮くんが歯を剥き出して踊ってたり、ちょっと我Iのフェイク歌いにくそうなのに表情はドヤ顔だったり(笑)、可愛い曲とかっこいい曲で今まで無かったメリハリをつけてたり、「あれっ、まだまだ凄くなるの…?」と楽しませてくれるから本当に目が離せなくて。そして、これからもきっとそうなんだろうな…と思えるような空間でした。最後の挨拶で当人に「僕が踊りが上手くなりたい、歌が上手くなりたい、演技が上手になりたい、と思うのは皆さんにもっともっと僕のことを好きになって欲しいから」って意図をつつかれたようなことを言われたらますます堪らないです。薮くんありがとう!おめでとう!


伊野尾さんが挨拶で節目、って言葉を使っていたけど他担さんもきっとそれぞれ「節目」を自担から感じることがあったはずです。古参の方しか成長した姿を見るみたいな点では楽しめないのかもしれないけれど、「節目」だったら新規さんでも感動できるかと。。。



締まり切らないし面白いことも何一ついえませんでしたが、この辺でレポは以上です。見ている人全員が「凄い」、と思えるJUMPに会えて良かったです。改めて皆さん10周年おめでとうございます~!

結婚詐欺師は転職か天職か~薮くんのアイドル要素


「薮くんの好きなところは?」と聞かれたときに私がよくあげることの一つに「弱音を吐かないこと」というのが"あった"。「イライラしたらすぐ顔に出る」のは自他共に認めているものの、それ以外の負の感情は2017年2月26日に美容院であるレポを見るまで、あまり見たことが"無かった"。



その日私はストレートパーマをかけてもらいながらJohnny's webに掲載されていた、Hey! Say! JUMPがMステで「OVER THE TOP」を披露した際のスタッフさんによる裏側レポート(現在は削除済)を読んだ。



文をそのまま引用したいところだが、それでは有料サイトの意味を成し得ないので旨のみを。なんとあの薮くんが本番前に「怖い」と零したらしい。




今まで薮くんの言葉で「緊張する」とかは聞いてきたけど、はて?怖い?そんなこと今まで言ってただろうか?などと私は薮くんの心境に何か変化があったのではと不覚にも疑ってしまった。


その約一週間後に発売されたPOTATO2017年4月号で薮くんがこう答えてるのを見た。

弱音とかを人に言いたくないタイプだったんだけど、メンバーの前では、さらけ出してもいいんだって気づいたから


ああ、そうか、そういうことだったのか。10年の間に薮くんは変われたんだ。薮くんの「強がり」という短所を私は「弱音を吐かない」という長所に勝手にすり替えてたのか、とこの時は思った。


私はたった一文、しかもこんなところのこんなことにすら一喜一憂するときもあるのだ。私は真相を知りすぎたくない。こうして裏側を知ることが出来るのは嬉しいけれど、それで憂いを感じるぐらいなら夢が見たい。そう言うと、Twitterで相互フォローし合ってるある方にこうツッコまれた。


「結婚詐欺師の被害者と話してるみたい」


まさにその通りだった。私は薮宏太に騙され続けていた。いや、今も尚被害者役を買って出ている。薮くんは「強がり」という自身の短所を、「弱音を吐かない」人のように見せかけて私をずっと騙してくれていたのだ。それこそが薮くんのアイドル要素において重要な部分を占めるもので、私の「薮くんの好きなところ」なのだ。



それをハッキリと確信したのが、Myojo2017年7月号に掲載された薮くんの10000字インタビューである。

"あのときはピンチだった"なんて今になって言うのは、ファンに失礼だと思うのね。


(この前の記事にも書いてあることと内容が重複していて申し訳ない)


薮くんがこうやって発言して騙してくれたお陰で、ツアーの思い出や今見ても笑える企画モノが楽しかったままなのだ。「この時私は楽しかったけど、自担は辛かったのか」と悲しい気持ちをせずにいられるのだ。薮くんが騙してくれたお陰で思い出はキレイなままでいられるのだ。


グループのことは俯瞰してるかもしれない。しかし、確実にファンやヲタク、需要を提供する側のことを薮くんは確実に騙している。騙すことで、供給を見たそうとしている。



そんな薮くんも結婚詐欺師、アイドルである以前に人間である。私たちのことを騙しきれないことがあるらしい。昨年のツアー「DEAR.」の大阪公演期間中に喉を壊したらしく、その日の公演前に念入りに発声してたことをMCでメンバーに暴露されていた。


薮くんがツアー中にコンディションを崩すというエピソードは今回に限ったことではない。それは本人も自覚しているらしく、毎年どこかの媒体でツアーの目標に「ペース配分」を掲げている。去年は会報、一昨年は雑誌、その前はテレビ誌で話していた。24時間テレビのメインパーソナリティにあたってもそのような目標を話してくれていたと思う。


にも関わらず、だ。薮くんは今年も私たちをそこにおいては騙してくれなかった。ここで私はまた憂いを感じてしまったわけだ。


でもそこで終わる薮くんじゃない。ツアーが始まったあとに取材されたTV LIFEでのHey! Say! JUMPの連載「JUMPing with you」(Round204)で薮くんはこう答えている。

ペース配分しようと思うけど、やっぱりいざファンの人の歓声を聞いたらセーブなんて利かないよ


ほら、またそうやって楽しませようとして騙す…なんだこの夢が醒めてしまった悲しさのあとにくる夢心地は!!


薮くんはどんなにファンやヲタクが悲しい想いをしてもそのあとのアフターケアまでしてくれる。さすが熟練の結婚詐欺師。私はこのときいつか薮くんのことで事情聴取されても「あの人は確かに私を騙しましたが、最後まで本当に良い人でした」って頬を濡らしながら言うと天に誓った。


そもそも暴露したのはメンバーであって薮くんでは無い。「薮くんが詐欺を働いている!」と暴かれてしまうことはあっても「俺、君のこと騙してるんだ」と自分から夢の醒めるようなことを言うことは絶対に無い。



いつもこうやって騙して私たちに夢を見せてくれるのが薮くんの魅力なのだ。こうして纏めると言葉を巧みに操っているだけにも思えるが、それだけではない。


今年の年末年始東京ドーム「DEAR.」単独公演のChiku Takuで伊野尾さんの弾くピアノのキーがずれて低くなったまま演奏が開始され、慌てふためく山田さんに「しょうがない、やろう」と薮くんが窘め、裏でそのまま待機していたというのは有名な話だ。55000人をも彼は騙し通そうとしていたという事実は今後伝説となっていくに違いない。


こうして薮くんは行動面でも私たちを騙してくれる。


思えば10年前、Hey! Say! JUMPが結成されたときのHEY!HEY!HEY!生放送でデビュー曲「Ultra Music Power」が披露されたにも関わらず、スタッフのミスで放送されていなかったということがあった。その時もすでに飛ばされた銀テープや紙吹雪が散らかる花道で他のメンバーが焦りや不安の表情を浮かべる中、薮くん1人だけがカメラに向かって笑顔で大きく手を振っていた。「何にも起こってねーし!」とでも言いたげな、余裕そうな笑顔だった。大きくなってからの薮くんに初めて会ったあの時、既に私は騙されていたのだ。



というわけで私は薮くんが結婚詐欺師ということに気づいてしまい、「そうだ、あの日あの時…」と記憶を辿っては「ああ、私は現在進行形で騙されているんだ」と今更ながら感じとってしまっている。


本来ならここで怒りに身を任せつつ警察に届け出るべきなのは充分承知している。が、なんせ騙されてることに清々しさすら感じてしまっているし、このまま薮くんを追いかけている方が幸せだということも知ってるし、そもそも薮くんから肝心の結婚どころか付き合う話すらまだ出ていないので、黙って騙されていようと思う。

ウチの薮くんがドラマに出ます。~"ウチの夫は仕事ができない"田所陽介役決定

薮宏太、錦戸亮主演ドラマに出演へ!初共演で先輩をバカに!?

(以上ヘッドライン、以下抜粋)

関ジャニ∞錦戸亮主演で放送される2017年7月新土曜ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」(日本テレビ系)での追加キャストか発表された。

その顔ぶれは、5年ぶりに日テレゴールデン連ドラ出演を果たす佐藤隆太、日テレドラマ初出演となる壇蜜Hey! Say! JUMPの薮宏太ら、個性豊かな面々。

(中略)

薮が演じる田所陽介は、司(錦戸)の後輩&土方(佐藤)の腰巾着。ずる賢い上に、仕事をサボるのがうまく、悪びれることなく司をバカにする今どきの若者、というキャラクター。

(中略)

■薮宏太コメント

このドラマのお話を頂いて、台本を読んだ時に気付いたら、思わず2周目に突入してしまっていました。このドラマのキャラクターの一員になれる嬉しさでいっぱいです。

錦戸くんとは今回初めて共演させていただきます。ドラマの中の錦戸くんは同じ部署のダメな先輩役ですが、ジャニーズ事務所で尊敬する先輩です。しっかり目に焼き付けて沢山のことを学びたいと思います。ぜひご覧ください。


Yahoo!ニュース 5月31日(水)6:00配信


(全文 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170531-00000011-the_tv-ent )

"ウチの夫は仕事ができない"番組公式HP

http://www.ntv.co.jp/shigotogadekinai/


翌日のTOEICリスニング模擬試験の眠気防止対策として22時寝7時起床を成し遂げた私に、そんなことせずとも起きる気しかしない吉報が飛んできた。薮くんがホワイト・ラボ以来実に3年ぶりにドラマ出演を果たすという。


任侠ヘルパー」を機に薮くんにどっぷりハマった私としてはドラマの話は本当に嬉しい。おめでとうございます、薮くん!


すっかりJUMPの最年長という風格が着き「しっかり者」とまで謳われるようになった今の薮くんに、「後輩」「先輩をバカにする」「腰巾着」というフレーズで紹介される田所陽介くんは薮くんにも私たちヲタクやファンにも新たな風穴を開けてくれそうな人にも思える。よろしくお願いします、陽介くん!


しかし、だ。実を言うと少し不安要素もある。


もうツイートでちらほら「錦戸くんのバーター」というワードが出てきている。恐らくその通りである。最もジャニヲタでなくてもこのドラマを見るという人はそういう目で見るだろうし、私たちがいう「錦戸くんのバーター」に対する「凄さ」「選ばれた感じ」というニュアンスを含めてその言葉を発する人はまずいないだろう。


さらに「あの関ジャニ∞の」錦戸亮の主演ドラマだ。先日野外音楽フェス・メトロックで大成功、大勝利を収め、会場のロックファンを熱狂させ、Twitterのタイムラインがウォール・オブ・デスの如く大荒れとなった「あの関ジャニ∞の」錦戸亮だ。今の世間が彼を求めない訳が無い。ましてや「あの関ジャニ∞の」錦戸亮だ。喋らせたら面白くない訳が無い。恐らく番宣番組出演の優先順位は主演ということを抜きにしても錦戸亮くんが上だろう。


世間の風当たりは薮くんに対して厳しいとは思う。


でもそんな薮くんは私が見る限り、そんなことに屈するような人では無い。思えば先ほど私が薮担になるきっかけとなった「任侠ヘルパー」も草彅剛くんのバーターで黒木メイサ演じる四方木りこの名を連呼するばかりだったが、そんなりこちゃんを奮起するシーンなど、回を重ねるごとに重要な役回りを任せてもらっていた記憶がある。あの時演じた鷹山三樹矢くんは「任侠ヘルパー」に無くてはならない存在だった。


誰かにとっての唯一無二でありたい

"薮がいなきゃダメだ"って思わせたい人なの


素直に打ち明けるしかないMyojoの10000字インタビューでこう語ってくれた薮くんなら、きっと爪痕を残してくれる。素敵な演技を見せてくれる。土曜の夜をアツくさせてくれる。番宣にもたくさん出てくれる。この大きな仕事さえもまた新たな、より大きな仕事に繋げてられると私は信じて止まない。


何より薮くんに来たこのお仕事を薮担はもちろん、他の担当様とも一緒に喜べたことが本当に嬉しい。こういうときに「薮くんを好きになれてよかった」と心から思えるのだ。


まだ公式で情報が解禁されただけなので思うがままに書くのはこの辺りにしておき、来る夏のアツさに備えることに専念したいと思う。

どこかに自分を必要としている人がいる。~薮くん10000字インタビュー。

薮宏太10000字インタビュー発売日前日のツイートのテンションがまるで遠足前の5歳児のような私がついに今月のMyojoを買いました。


「浮上するのやーめた!」と言っておきながらその10分後に文字数きっちりでツイートしているあたりその落ち着きの無さは一目瞭然。そわそわしてるの露骨に見え見えなのは恥ずかしい…いくつだよ…。



でも泣かないと思ってたのもそこまでぶっちゃけないだろと思ってたのも本当なのでいつも雑誌を読むようにスタバで冷たいキャラメルマキアート片手に読んでました。しかも見ると分かるんですけど窓際の席で(いつもここなんです)。


読み終わったあと自分でもびっくりするぐらいさーっと自然に涙出てたので慌ててナプキンで拭いたら目頭抑えちゃったらしくマスカラ全部持ってかれる緊急事態…何故外で読んだ私…しかも窓の向こうから色んな人が見ては目逸らして通り過ぎるぞ…


もうどこからなんて書けばいいか分からないけれど、今回の記事は現時点での私の薮くん10000字インタビューの感想です。「需要ある?(笑)」とは思いつつ、ここを読んで!ってなったポイントもあるので書いてみます。


"あのときはピンチだった"なんて今になって言うのは、ファンに失礼だと思うのね。


薮くんの中にプロ意識が常にあるからこその発言だと思います。少なくとも自分が直接の原因でファンやヲタさんをがっかりさせないようにしてくれる。その時間を思い出って、素敵な言葉で括ってくれる。私個人、確かにどう作ってるのかは気になるけど、暗い気持ちになるぐらいならドキュメント映像なんていらないと思ってるのでこの発言は本当に嬉しい。


(ジャニアイ出演について)ジャニーさんに電話して、"出たいです"ってお願いしました。

俺らがYa-Ya-yahとして歩んできた時間というとは、疑いようもなく歴史に刻まれてるはずだから

たしかに今はJUMPの薮宏太だけど、過去をナシにするのはおかしいよね。Ya-Ya-yahというグループの一員だったことは、薮宏太という人間を形成する上で、欠かすことのできない要素なんだって

ジャニアイに出演したことはその後Ya-Ya-yahWikipediaのページに加筆されています。新しく加わった伝説の始まりが薮くんからの一本の電話って鳥肌立ちません…?



このときの奇跡はそんな薮くんが、自分からはその話をしない薮くんが、今回聞かれたこと以上のことを語ってくれたこと、しかもその発端が薮くん自身だったのを打ち明けてくれたっていう奇跡的な軌跡の始まりにすぎなかった…絶対にそこは振り返らないでしょって思ってたところを突かれたら泣かずにはいられません。


やっぱり薮くんは過去があっての今にこだわる人だというのに変わりはないのだけれど、だからこそここで打ち明けてくれたのかなと…「光くんはよく話してくれるけど薮くんはやっぱり…」って勝手に思ってしまってごめんなさい。薮くん話してくれてありがとう。私まですっきりした…。



もともとの性格もあるし、(中略)誰かの唯一無二でありたいって想いがあって。

"薮がいなきゃだめだ"って思わせたい人なの(笑)。


薮くんのこういうところ!すっごく好き!すっごい負けず嫌いなのに絶対自分から言わない!(笑)でも「もともとの性格」って自分で認めてるところがオトナで尊敬できる。プライドが高いところは確かに好きだけど、すぎると絶対短所でしかないからこのぐらいが一番いい。そのあとボロっ、と素のまま野望を言っちゃうのは好印象でしかない。あるライターの方が「(笑)はニュアンスでしかない」って仰ってたのを聞いてからここはどういう意味なんだろう?って考えるようになったけどここは照れ?普段そんなこと忘れるぐらい、でも実はシャイなところも見れて本当にオイシイ。

そういや薮くんが聞いてたって言うMr.Childrenの「終わりなき旅」にも「どこかに自分を必要としている人がいる」って歌詞あったな…


俺以外の誰もできないことを探していきたいし、やっていきたいよね。


一番欲しかった言葉かもしれない。薮くんは何を目指して何がやりたいんだろ?ってずっと思ってた。直接の先輩が色んなことをやる中、どうしていくんだろ?ってお節介を承知で感じてた。


薮くんのやりたいことは、薮くんにしかできないこと。そして、それはまだ探している途中で。


ジャニアイ出たいですってジャニーさんに電話するぐらいだから、きっと自分にしかできないことが見つかったらすぐ色んなスタッフさんに「これやりたい!そういう仕事ない!?」って言ってそう。そのときをひたすら待つのは全然苦じゃないです。すっかり薄くなったキャラメルマキアート片手にずっと待ってます。絶対見つけてね薮くん…!



さいごに


負けず嫌いな薮くん、ファン想いな薮くん、夢いっぱいな薮くん、でも俯瞰な薮くん、だけど感謝は忘れない薮くん。私の大好きな、薮担さんの大好きな薮くんがたくさんたくさん10000字インタビューに詰まってました。まるで一つのライブ公演を見たような、不思議な充実感で満たされてます。


色んな感情が薮くんにも読む人にも入混ざってるけれど、悲しい気持ちは一つも無いから清々しい。それはやっぱり主役の薮くんが紛れもなくアイドルで、正真正銘のエンターテイナーだからできること。感服です。そうやっていつだって想像以上のことをするのが薮くんなのに、「泣かないだろうなぁ」って何を呑気にしてたんだ私…


でもJUMPの10周年は始まったばかり。ツアーもこれからです。「感謝を伝える1年」と言う薮くんだからこれからもっとたくさんの感情に出会わせてくれる…模索中ながらも、いや、模索中だからこそ色んなことに挑戦して、その度に吸収して、もっと楽しませてくれる…この10000字インタビューでそう信じられるようになりました。


この一年は薮くんのことで笑ったり、考えたり、幸せな気持ちになる度にきっとこう思うんだろうなぁ、





"薮くん、出会ってくれてありがとう"って。

揺れたのは大気だけじゃない。~薮くんチカラウタから1年


2016年5月1日。NEWSの小山慶一郎くんがMCとして出ている日テレ系番組「チカラウタ」に薮くんがゲスト出演した日。


見る前から「ジャニーズを辞めようと思った」などと衝撃発言をする薮くんが映る予告が流れ、Twitterは大荒れ。チカラウタの公式Twitterも「すでにたくさんの反響を頂いております」などと呟くほどの事態だった。


この番組に薮くんが出演した事で出戻りした人や新たに薮担になった人を本当によく見かける。そして私もこの番組がきっかけで今のアカウントでTwitterを始めた。



番組放送から遡ること3ヶ月前。今はお休みしているが、まだ女の子のアイドルのヲタクもやっていた頃のこと。その界隈で知り合い、ジャニヲタであることなど素性を明かしていた同い年の男子KくんからBUMP OF CHICKENが好きという話を聞いた。無論、こうたくんではない。

Kくん「知ってる?」

私「いや、薮くんが好きなバンドってぐらいしか認識ないなー。聞きたいなとは思ってたけど」

Kくん「貸そうか?」

私「えっ、いいの?」

Kくん「今のちーちゃん(私)にぴったりな歌があって」


この頃の私はとにかく学生生活で行き詰っていた。そんなときに借りたアルバムがBUMP OF CHICKENの「COSMONAUT」。彼の言う「ぴったりな歌」とは「beautiful glider」だった。

いつだってそうやって頑張って考えて探してきたじゃないか
いっぱい間違えて迷って でも全て選んでくしかなかったグライダー
雨雲の中


今でもこの歌はBUMP OF CHICKENの歌で一番好きな歌だ。比喩されているようでまっすぐなまま受け取れる歌詞が、存在感のある、でも潜んでもいてくれる音楽に寄り添って届くBUMPの魔力に嵌った。


Kくんに借りたアルバムをきっかけに私も自分でBUMPを聞くようになる。「Orbital Period」もこの時に聞いた。もはや「薮くんの好きなバンド」という感覚は無かった。全てが「自分のために歌われた唄」のように思えた。それまで私がバンドで好きだったMr.Childrenとはまた違う音楽で、新鮮だった。ちょっと現実と向き合わせてくれる感じがいいな、とか。いい心の保湿剤を教えてもらったな、素敵だな、とか。


この出会いが3ヶ月後の私に大きな影響を与えた。


SG「真剣SUNSHINE」の宣伝隊長の如く有吉ゼミなど出演番組を決めていく薮くん。そのスタートを切ったチカラウタ。2週に渡っての出演という吉報は毎度恒例の薮担全員で大盛り上がりするTLを生みだした。ただ、「あの予告」が引っかかって仕方ないのもきっと薮担全員だった。小山くんがいるという面から結構さらけ出すことが想定され、あとは誰の何の曲が流れるのか、その話で持ちきり。私はミスチルの「終わりなき旅」とか王道をいってほしいなと期待しつつ、BUMPだろうな~と予想していた。


予告通りセンターを務める、マイクを持たせてもらえる、快調な滑り出しだった入所当時から月日が経つにつれての焦り、やっとのデビューと思いきやポジションが端になってしまった…そんな薮くんの話が続く。


Jr.だった薮くんをリアルタイムで見ていない私でさえもうその時点で耳が痛かった。そんな最中に、あんなに可愛い顔で、「これこれ」なんて表情で聞いていた、あの歌。


BUMP OF CHICKENの「才悩人応援歌」。


お風呂で歌を聴く習慣があるのも知ってる。お風呂が大好きなことも知ってる。BUMPが大好きなことも知ってる。デモもお風呂で聞くのも知ってる。でも、そんな歌をそんな風に聴いていることは知らなかった。


番組の中で音楽はフェードアウトしていくけれども頭の中でははっきりと続きが流れている。

死にたくなるよ


真っ先に浮かぶ、2番の歌詞。そこが全てじゃないと頭では分かりつつも「グループの潤滑油になれたら」という薮くんの発言による追撃もあって、思わず口から零れる「そんな人じゃない」。


7年間応援してたのにその声援は皆無とされているらしく。期待されていないなどと謙遜されて。唯一人が聴くには贅沢すぎる薮くんの歌で揺れたのは大気だけじゃない、光くんの耳、山田さんの感情、誰かの涙、私の心の琴線…なんて声援も届かないのか。エゴでしかない、でもそれにしては虚しすぎる気持ちが薮くんに対して溢れて出して止まらなかった。ちょっと周り見えてなさすぎじゃない?なんて薄ら怒りも覚えたりして。怒りのあまり「担降り」の文字すら浮かんで。


横で見てた母は「薮くん、BUMP選んだね、若いねぇ」と言ったきり黙った。


でもその数日後にはそんな感情的になることなく「才悩人応援歌」を聴く薮くんを傍観できる。

(「宥められる」って言いたいところだが残念ながらそんな言葉が使えるほど薮くんと私は近しくも親しくもない。ちょっと冷たい気もするが語彙力がないので、「傍観」。)

隣人は立派 将来有望 才能人
そんな奴がさぁ 頑張れってさぁ
怠けて見えたかい そう聞いたら頷くかい
死にたくなるよ 生きていたいよ


きっと誰か優しい人が必死になってもがいてる薮くんに頑張れと言ってしまったのだろう。隣人?えっ、メンバー?でも頑張っている人の背中を押すことはそこから突き落としてしまうこともあるぐらい危ない。薮くんは落ちてしまうぐらいの窮地で頑張っていた。突き落とされたのに、痛いのに、辛いのに、「生きてたいよ」。「死にたくなるよ」の歌詞の意味は「生きてる方が苦しくて辛い」とも捉えられる。そんな険しい空を飛び続けることを10年間、やめないでいてくれた。やめられなかっただけが、全て選んでいくしかなかっただけが理由ではない気がする。


私も密かではあるがずっと応援してたことを少しずつ思い出せた。

世界のための自分じゃない 誰かのための自分じゃない

自分のために歌われた唄など無い

僕が歌う 僕のための ラララ

誰かが薮くんのために歌うことは無かった。なのに薮くんは必死に歌ってくれた。ファンのためでも、ヲタクのためでもない。薮くんが歌う、薮くんのためのラララ。私はその歌に自然と今まで惹かれてたことに気がついた。


それが私の為じゃなくてもいい。薮くんのために歌われたラララが好き。薮くんのために歌う薮くんが好き。好きだから、脚光は無理でも声援なら送れる。その結果脚光が浴びられるならいくらでも送れる。薮くんが寝てたら時と場合を踏まえた上で叩き起す。叶えたときのために今から投資するから夢があるなら追いかけてほしい。どんなに時間がかかってしまったっていいから諦めたものやなくしたものが多い薮くんに夢を叶えてほしい。そう思ってる人がここにいる。



それを伝えたい。声援は皆無じゃないってことを知ってほしい。そう思って始めたことの一つがTwitter


今のアカウントでTwitterを立ち上げ、本格的に薮くんを応援するスタンスを確立できたお陰で私の他にもたくさんの薮担さんがいることを知った。ぼんやりと担降りを考えていたのに、それどころかどんどん薮くんばかりに夢中になっていった。他の人には沸くけど(苦笑)。


同じように薮くんのラララにどんどん惹き込まれていった人がたくさんいる。このことを、どうにかして薮くんにも伝わらないだろうか?日々更新される情報や感情を楽しんでいる反面、ふと思う。


2017年2月、裕翔くんが当番のうるじゃんに薮くんがゲスト出演したときのこと。


薮担っぽいラジオネームのメールをスタッフさんが探したにも関わらず、「俺のファンとは限らないよ」発言をする薮くん。「薮くんにいつも癒してもらっている…」と裕翔くんが続きを読むと「やったあー!」とまるでデビューしてから初めて自分のファンと会えたかのようなリアクションだった。そう思わせてしまう節があるのだろうか。確かに可愛かったが、自分がインフルエンザにかかっているのもあって思考がマイナス方面に向かっていった。しかし、直接この話をすると「そうも思える」と薮担は重たげに頷く。


まだまだ空を飛び続けなければいけないらしいと気づく夜明け前。